東京・千葉で中国人・台湾人の就労ビザの相談【行政書士波賀野剛如事務所】

TEL:03-6869-3635 携帯:080-8165-2662 e-mail:enquiry@haganotakeyuki.tokyo
〒124-0023 東京都葛飾区東新小岩1-5-18-1307
ビザ・在留許可・帰化のことなら行政書士・通訳案内士(中国語) 波賀野剛如 事務所 | 代表行政書士と直接母国語(普通話・國語)でコミュニケーションができる行政書士事務所 | 粤語対応スタッフ(広東省広州市出身・日本語能力試験1級)も常駐
トップページ ご挨拶 サービス概要・報酬 よくある質問
(常问疑问/FAQ)
在留・永住・帰化に関する豆知識 在日外国人のための日本生活便利帳
ENGLISH 中文(简体字) 中文(繁體字) Tiếng Việt 한국어/조선어 お問い合わせ
(ENQUIRY/咨询)
日本法令中国語翻訳集 中華人民共和国法規日本語翻訳集 香港法規日本語翻訳集 マカオ(澳門)法規日本語翻訳集 中華民国(台湾)法規日本語翻訳集 リンク
(LINK/链接)
トップページ在留・永住・帰化に関する豆知識>就労ビザの許可申請をお考えの中国人・台湾人は【行政書士波賀野剛如事務所】へ~就労ビザが不許可になったらどうしたらいいの?~
 

就労ビザの許可申請をお考えの中国人・台湾人は【行政書士波賀野剛如事務所】へ~就労ビザが不許可になったらどうしたらいいの?~

就労ビザと言っても、「就労ビザ」という在留資格が存在しているわけではありません。日本で就労することが認められた在留資格(※日本における在留資格の詳細については、「よくある質問(FAQ)外国人関係業務」ページの「日本における在留資格について>問い1:日本における在留資格にはどのようなものがありますか?」をご参照ください。)の中の、「高度専門職」「経営・管理」「法律・会計業務」「医療」「研究」「教育」「技術・人文知識・国際業務」「企業内転勤」「介護」「興行」「技能」「技能実習」「特定技能(2019年4月施行)(※詳細については、「就労ビザの許可申請をお考えの中国人・台湾人は【行政書士波賀野剛如事務所】へ~特定技能ビザ(在留資格)を知っていますか?~」ページにてご確認ください。)」といった業務限定就労可能資格を総称して一般的に用いられている言葉です。
こちらでは、就労ビザの許可申請が不許可になるケースを紹介しますので、ぜひご一読ください。

就労ビザの許可申請が不許可になるケース

就労ビザの許可申請が不許可になるケース

職務内容が「単純労働」である

よくあるものとして、職務内容が「特定技能」を除く就労ビザのでは認められていない「単純労働」である場合が挙げられます。例えば、レジ、品出し、陳列、販売、清掃など、「特定技能」を除く就労ビザの枠では認められていないような「単純労働」とされる仕事で許可申請したら不許可になります。

学歴と職歴の関連性がない

例えば、介護の学校を卒業した留学生がシステムエンジニアの仕事をするために「技術・人文知識・国際業務」ビザ(在留資格)の許可申請をすることはできません。これは転職する場合も同様で、以前とはまったく違う内容の仕事に転職してしまうとビザ(在留資格)の変更ができないためご注意ください。

会社の経営状態が悪い

入社する予定の会社が債務超過に陥っていたり、以前に外国人雇用をめぐって不法就労などの問題を起こしていたり、事業規模と比べて必要人数以上雇っていると判断されたりした場合、通常、就労ビザ(在留資格)の許可はおりません。

前科がある

逮捕歴などがある場合、通常、ビザ(在留資格)の許可はおりません。

不許可になったら再許可申請を

不許可になったら再許可申請を

就労ビザの許可申請が不許可になってしまった場合は、まずは出入国在留管理局を訪問し、不許可となった原因を直接入管職員に確認しましょう。不許可の原因が書類不足や業務内容と申請人の専門性の不一致などであれば、再許可申請を行うことでビザ(在留資格)の許可を受けることが可能です。

再許可申請を行う際には、以前とは異なる申請内容で許可申請を行う必要があります。しかし、自分の判断で書類を修正してしまうと、以前の許可申請内容と矛盾点が見つかってしまい、再許可申請も不許可となることも多々ありますから、そうならないためにも、就労ビザの再許可申請をお考えの方はプロであるビザ申請(在留許可)を専門とする行政書士に依頼しましょう。

就労ビザの許可申請をお考えなら

東京・千葉で就労ビザの許可申請をお考えの中国人・台湾人の方は、【行政書士波賀野剛如事務所】にご相談ください。

中国での留学・勤務経験がある行政書士が、中国語(普通話(國語))でコミュニケーションをとりながら許可申請のサポートを行います。広東省広州市出身の粤語(広東語)対応中国人スタッフも在籍しているため、中国人・台湾人の方は安心してご相談ください。

在留・永住・帰化に関する豆知識

東京・千葉で中国人・台湾人の就労ビザの相談【行政書士波賀野剛如事務所】

事務所名 行政書士 波賀野剛如 事務所
(事務所パンフレットはこちら
住所 〒124-0023 東京都葛飾区東新小岩1丁目5-18-1307
(事務所案内図はこちら
電話番号 03-6869-3635
(外出していることが多いため、連絡は、できるだけ携帯又はメールにお願い申し上げます。)
FAX番号 03-6737-1253
携帯番号 080-8165-2662
メールアドレス
(メールでのご相談は24時間受け付けております。)
URL https://haganotakeyuki.tokyo/
営業時間 平日:10:00~19:00
定休日 土日・祝日、お盆休み、年末年始
(事前にご相談いただければ、営業時間外及び定休日においても柔軟に対応いたします。)
         
  ビザ・在留許可・帰化のことなら
 
 行政書士・全国通訳案内士(中国語) 波賀野剛如 事務所

  代表行政書士と直接母国語(普通話・國語)で相談できる行政書士事務所
  粤語対応スタッフ(広東省広州市出身・日本語能力試験1級)も在籍

 

  電話:03-6869-3635
  ファックス:03-6737-1253
  携帯:080-8165-2662
  Eメール:
 


行政書士・全国通訳案内士(中国語) 波賀野剛如 事務所 HP内をカスタム検索
Copyright © 2016-2020 行政書士 波賀野剛如 事務所 All rights reserved.

東京・千葉で中国人・台湾人のビザ申請(在留資格)・永住・帰化申請手続きの相談【行政書士波賀野剛如事務所】
プライバシーポリシー